大津歯科医院 > 治療例 > 治療例紹介

治療例

治療例紹介ページ
治療前

治療前

治療後

治療後

前歯が咬んでいないことを主訴に来院された患者様です。





「治療前」
左右ともに大臼歯しか咬んで(接触)していない咬み合わせでした。

「治療後」
矯正
通常の矯正治療のみで、前歯や小臼歯を咬ませ、咬み合わせのバランスをとりました。

*通常、このような開口(オープンバイト)は、外科矯正(手術)をして治すことが一般的です。
しかし患者様の骨格パターンを見分け、咬み合わせの平面を変えることによって開口(オープンバイト)は、外科手術を行わずに治すことができます。
また元々オープンバイトだった方はオープンだった前歯部に舌を押し当てる癖(舌癖)がありますので、
その癖を治す訓練も並行して行っていきます。
治療前

治療前

治療後

治療後

審美的な主訴にで来院された患者様です。





「治療前」
前歯の叢生(ガタガタ)が強く笑うと八重歯が目立つような歯並びでした。
またいくつか歯が欠損しており咬み合わせの不調と、欠損した歯の隣の歯が倒れてきてる状態でした。

「治療後」
ガタガタはきれいになり、倒れていた歯はもとに戻し、欠損した部分はインプラントにすることで咬み合わせのバランスもとることが出来ました。
治療前

治療前

治療後

治療後

歯列不正を伴う空隙歯列を主訴に来院された患者様です。





「治療前」
歯と歯との間に隙間があり、すきっ歯の状態。また右上の第二小臼歯が生えてませんでした。
「治療後」
矯正治療によって歯列を整え、隙間はなくなりました。生えてこなかった歯を牽引し、歯列に並べました。
審美的にも美しくなりました。
上顎の親知らずは矯正治療後に抜歯します。
治療前

治療前

治療後

治療後

今後の歯並びが気になるとのことで来院された患者様です。





「治療前」
顎の位置が左右均等でなく、首も曲がっている状態でした。

「治療中」
オーバーレイ治療(乳歯に被せる冠)により、正常な咬み合わせの高さにします。
正常な顎の位置を獲得することにより、正常な顎の成長発育を誘導します。
オーバーレイ治療は永久歯が生えて来るまでしばらく経過観察となります。
萌出してきた前歯(永久歯)の位置を変えたい場合は、ワイヤーによって動かします。

「治療後」
治療前治療後の写真は1~2ヶ月くらいの間のものですが、急に大人っぽい顔貌になりました。
小児期の矯正治療のみで終わることが出来ました。

*オーバーレイ(乳歯に被せる金属)は、通常保険治療で使われている金銀パラジウム合金ではなく、
生体親和性が高くアレルギー性の低い金合金・白金加金を使用しています。

*小児矯正は、審美治療ではなく、「顎の成長発育を促す」ように治療するもので、
永久歯が正常に生えてくるように治療していきます。
近年、現代人の顎の大きさは小さくなる傾向にあり、生えてくる永久歯は大きい傾向にあります。
小児矯正で顎の大きさを広げるように治療を行いますが、正常に永久歯が並ばない場合は、成人矯正(永久歯の矯正)に移行することがあります。
治療前

治療前

治療後

治療後

顎のずれとかみ合わせを主訴に来院された患者様です。





「治療前」
37歳男性。下顎が左側方に偏位してしまっています。
大学病院で外科手術が必要だと言われました。

「治療後」
通常の矯正治療で手術せずに顎の偏位を治し、現在補綴治療(冠の被せ直し)を行っています。
治療前

治療前

治療後

治療後

八重歯が気になることと、ひどい肩こりとめまいを主訴に来院された患者様です。





「治療前」
25歳女性。ひどい肩こりとめまいに悩まされていました。

「治療後」
歯のサイズを少し削りきれいに並べることができ、肩こり、めまいも消失しました。

*日本では八重歯は可愛らしさの象徴として昔からイメージされていましたが、
欧米ではドラキュラの歯としてイメージされ、好ましく思わておりません。
また八重歯(犬歯)は歯ぎしりを行う際、重要な歯とされてますので、きちんと咬み合わせることが必要です。
早期の治療をお勧めします。
3 / 41234

茨城県守谷市の大津歯科医院では、歯科一般・インプラント・矯正歯科・審美歯科・顎関節症・小児歯科・予防歯科・口腔外科の治療を行っております。

↑ページTOPへ