大津歯科医院 > 治療例

治療例

治療例

治療前

治療前

治療後

治療後

顎関節症で、クリックが長期あった患者様。
顎関節治療を施すことにより、開閉口時、前後運動時のクリックが消失したことを
顎機能検査を術前術後で採得することにより確認しました。
治療前

治療前

治療後

治療後

上顎の歯が多数欠損で少数歯しか残存していない症例。
将来を見越して、今後、残った歯が抜歯になったりしても、作り直さなくて済むように治療しました。
治療前

治療前

治療後

治療後

バランス検査を行い、全身の姿勢に歪みがあることが分かりました。
咬合との関連性が高いと診断し、その後、治療を行った結果、姿勢の歪みがなくなりました。
患者様は20年間原因不明の嘔吐症に悩まされていましたが、治療後、全く嘔吐はなくなりました。
治療前

治療前

治療後

治療後

今後の歯並びが気になるとのことで来院された患者様です。





「治療前」
顎の位置が左右均等でなく、首も曲がっている状態でした。

「治療中」
オーバーレイ治療(乳歯に被せる冠)により、正常な咬み合わせの高さにします。
正常な顎の位置を獲得することにより、正常な顎の成長発育を誘導します。
オーバーレイ治療は永久歯が生えて来るまでしばらく経過観察となります。
萌出してきた前歯(永久歯)の位置を変えたい場合は、ワイヤーによって動かします。

「治療後」
治療前治療後の写真は1~2ヶ月くらいの間のものですが、急に大人っぽい顔貌になりました。
小児期の矯正治療のみで終わることが出来ました。

*オーバーレイ(乳歯に被せる金属)は、通常保険治療で使われている金銀パラジウム合金ではなく、
生体親和性が高くアレルギー性の低い金合金・白金加金を使用しています。

*小児矯正は、審美治療ではなく、「顎の成長発育を促す」ように治療するもので、
永久歯が正常に生えてくるように治療していきます。
近年、現代人の顎の大きさは小さくなる傾向にあり、生えてくる永久歯は大きい傾向にあります。
小児矯正で顎の大きさを広げるように治療を行いますが、正常に永久歯が並ばない場合は、成人矯正(永久歯の矯正)に移行することがあります。
治療前

治療前

治療後

治療後

できるだけ歯は保存したかったのですが、重度の歯周病で著しくグラグラしていたため本人と相談の上、残念ながら抜歯させていただきインプラントリーゲルを含めた全顎的な治療を行いました。
上は総義歯で発音する際に舌が触れる部分のみ感触の良い白金加金で行いました。
下はインプラントリーゲルといって食事中はもちろんのこと普段は絶対に外れません。
レバーを開くと簡単に外すことができ、清掃も容易に行えます。
初期費用はかかりますが、インプラントが1、2本ダメになっても修理しながら
使用できますし仮に介護を受ける状態になっても第三者が外すことが可能です。
健康で若々しい口元がよみがえり、自然と笑顔がこぼれるようになりました。
なんでも食べられると喜んで頂きました。
治療前

治療前

治療後

治療後

他院でインプラントを行い、ダメになって来院された患者様。
120歳まで生きたいということで、ダメになっている歯はすべて抜歯し、インプラントリーゲルを行いました。

茨城県守谷市の大津歯科医院では、歯科一般・インプラント・矯正歯科・審美歯科・顎関節症・小児歯科・予防歯科・口腔外科の治療を行っております。

↑ページTOPへ