治療例

治療例詳細

一般治療例01 RCT一般

治療前
治療後
'治療前'
'治療後'
患者様は18歳時来院し、右上2番目の歯に違和感を訴えていました。歯牙に治療歴、むし歯はなく、レントゲンでも原因が分からないため、CTを撮らしていただきました。CTで3次元的に分析すると、根の先から骨内部に大きいCT透過像があり、歯の神経が死んでしまっていて、骨内部に大きな感染層があることが分かりました。(その後、6年以上前に外傷の既往で強くぶつけていたことがお母さまより報告があり、神経が死んでしまった原因と分かりました。)
普通なら抜歯になってしまいそうな大きな病巣でしたが、専門医により、根の治療を行い、症状はなくなりました。術後CTを撮ったところ、骨の回復が認められ、本人とお母さまは大変喜ばれていました。